2015年06月18日

過剰に相手に要求を出してしまうパターンです。

2つ目は、「愛しているから」という理由で、過剰に相手に要求を出してしまうパターンです。
相手と分かり合ったり、自分と同じであって欲しいという「親和欲求(所属欲求)」は誰にでもありますが、黒倍王相手を変えてまで同一であることを求めてしまうと、結果的に言い争いになって関係性が悪くなってしまいます。この状態を改善するためには、相手と自分はどんなに愛し合っていたとしても『違う人間だ』という理解が必要です。
違うから愛していない、ということではなく、違う意見や違う趣味嗜好を持ちながらも、お互いに違いがある部分を共有したり、互いに理解し合いながら受け容れ合うことで、尊重し合う関係性を作ることができます。
いかがでしたか?
女性は、愛情が強ければ強いほど、元々持っていた人間関係の誤解を深めてしまい、そのために、苦しい愛情関係を引き起こしてしまうケースが少なくありません。人間関係を幸せにするために、あなたの愛の形を健全なものへと変えていきましょう。
自分を苦しめるのではなく、あなた自身を愛し「自尊心」を持ち、そしてその上で、他人のことも尊重しながら、黒倍王愛し愛される関係を作っていってくださいね。



Posted by rtyrつrちゅ at 18:27│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。